診療案内

小児科一般診療

発熱、咳、鼻水、のどの痛み、嘔吐、下痢、腹痛、頭痛、発疹(ほっしん)、じんましん、おねしょなど、お子様の病気や不安について幅広く対応致します。

保護者の方も同様の症状であれば一緒に診療を行います。


予防接種

受診時に予防接種のスケジューリングも行えます。

卵アレルギーをお持ちのお子様でも、安心してすべてのワクチンの接種ができます。

また、予防接種はお子様の負担軽減のため、同時接種を推奨しております。

同時接種に不安のある方は、一度来院の上、ご相談ください。

必ず母子手帳をご持参ください。

定期接種ワクチン

  • 4種混合
  • BCG
  • MR(麻疹・風疹)
  • 小児用肺炎球菌
  • ヒブ
  • 水痘
  • B型肝炎
  • 2種混合
  • 日本脳炎
  • ロタ
  • 子宮頸がん

任意接種ワクチン

  • おたふくかぜ
  • インフルエンザ
  • 3種混合
  • ポリオ
  • 風疹

健診

8か月児、1才児、1才6か月児の健診を行っております。

     

アレルギー診療


お子様、おとなのアレルギー診療を行います。

当院で金属アレルギーの検査を行うことはできません。

湿疹(しっしん)・アトピー性皮膚炎

ガイドラインに従って、スキンケア、薬物療法、悪化因子の対策を行います。

乳児期では食物アレルギー発症予防のコツを説明します。

食物アレルギー

必要に応じて血液検査、皮膚プリックテスト、食物経口負荷試験を行います。

耐性獲得のコツや、アナフィラキシーを含めたアレルギー症状への対応を説明します。

エピペンの処方が可能です。

食物経口免疫療法は行っておりません。

   

アレルギー性鼻炎・結膜炎・花粉症

内服薬、点鼻薬、点眼薬の処方、舌下(ぜっか)免疫療法、ゾレアの注射を行っております。

     

副鼻腔炎(ふくびくうえん)

アレルギー性鼻炎やかぜの悪化時に発症します。点鼻薬や抗生剤を使用します。

気管支喘息(ぜんそく)

発作時は気管支拡張薬の吸入や内服を行います。

発作の予防で吸入ステロイドや抗アレルギー薬を使用します。

じんましん

   

原因検索や、重症度に応じて抗ヒスタミン薬などの調整、ゾレアの注射を行います。

皮膚疾患

対応可能な主な皮膚疾患はこちらになります。

  • おむつかぶれ
  • よだれかぶれ
  • みずいぼ(内服、外用)
  • とびひ
  • にきび
  • みずぼうそう
  • 皮膚のかゆみ、かんそう、ブツブツ

連携

相模原病院、総合相模更生病院、相模原協同病院などと連携をし、必要に応じて紹介を致します。

持ち物

保険証・乳幼児医療証

診察券(再診の方)

お薬手帳

母子手帳

予防接種予診票(予防接種の場合)

健診診査票(健診の場合)

外部リンク

アレルギーについてもっと詳しい情報はこちら